「小さないのち」のなかま

【掲示板のおねがい】 この掲示板は、こども遺族の会「小さないのち」が主催しています。 投稿は、基本的にお子さまを亡くされた方と考えています。 ここで思わぬ傷つきが発生しないように、書かれた内容に対する「否定的な言葉」「価値観の押しつけ」がないようにお願いいたします。会代表 坂下裕子



カテゴリ:[ 健康/医療/介護 ]


新着順:109/114


[6] いろんなつどい

投稿者: さかした 投稿日:2016年11月21日(月)14時24分9秒   通報   返信・引用   編集済

「小さないのち」のつどいは
思い思いのことを、話したいところまで話し
質問なんかは、基本しません。
事実を明らかにする場ではないので

ところが先日立ち上げた「小さなつぼみ」のつどい
は、まったく別のスタイルになりそうです。

「小さないのち」は、子ども(0才~独立以前)を亡くした親だけで行っており
「小さなつぼみ」は、親(流産・死産経験者)と、医師や助産師も同席します。
その違いだけなのですが
参加した当事者の方は、口々に「何か役に立てたらと思い」
と参加動機を話されました。

私「何かの役でなくても、自分のきもちのため、だけでもいいんですよ」
と一応、言わせてもらったのですが、
「誰かの役に立つこと」が「自分のきもちのため」になるから
とみなさんおっしゃり、そうなんですね、それじゃあ
ということで、「小さなつぼみ」は情報収集を主体とする語らいの場
と位置付けることにしました。
いっぱい質問もさせていただくことに。

主治医から叱られたような気持になった、とは、なぜそのように?
どういう言葉からでしょうか?言い方もあるでしょうか。

そしたら記憶をさかのぼり、一生懸命、わかりやすく教えてくださる、
その語りに、医師たち、目から落ちるウロコが見えるみたいな聴き入りよう。
つどいには、参加者の目的により、さまざまな形態がある
と言われますが、まったくそうだと感じています。

「小さなつぼみ」では、自分のきもちをただ言葉にする
その目的だけで参加していただくことのできる時間も、
今後、別に設けていきます。




新着順:109/114


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.