「小さないのち」のなかま

【掲示板のおねがい】 この掲示板は、こども遺族の会「小さないのち」が主催しています。 投稿は、基本的にお子さまを亡くされた方と考えています。 ここで思わぬ傷つきが発生しないように、書かれた内容に対する「否定的な言葉」「価値観の押しつけ」がないようにお願いいたします。会代表 坂下裕子



カテゴリ:[ 健康/医療/介護 ]


117件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[108] さわぴんさんへ

投稿者: こづる 投稿日:2018年 2月27日(火)13時16分5秒   通報   返信・引用

私も子どもを喪くして間もない頃
坂下さんの「日々のささやき」を
最初から全部読みました。

坂下さんの考え方や思いに共感して、
坂下さんが運営されている会に入会したい!
と思ったのが入会のきっかけでした。

さわぴんさんも「日々のささやき」を
最初から読み進められておられるのですね。

同じだな、と思いました。




[107] 坂下さん

投稿者: さわぴん 投稿日:2018年 2月25日(日)11時53分38秒   通報   返信・引用

あれから坂下さんの日々のささやきを最初から少しずつ読ませていただいてます。勝手に共感してます。
真っ暗闇にひとりぼっちみたいな感覚から少し抜け出せるんです。
お会いできて本当に良かったです。



[106] 会えた

投稿者: さかした 投稿日:2018年 2月22日(木)23時18分13秒   通報   返信・引用

さわぴん さん

お会いできて、本当によかったです。
私も、ちょうどこの時期に亡くしていますので、
あの頃の自分を前に、話しているような
そんな気がしました。

またゆっくりお話しできると嬉しいです。

ここでも、思うこと書いてくださいね。



[105] さわぴんさん

投稿者: さかした 投稿日:2018年 2月16日(金)00時39分45秒   通報   返信・引用

お会いできないかなあ、と思っていた方が
さわぴんさんだと、すぐ気づきませんでした。
すみません。

来週、水曜日の昼前後か、木曜日の午後
新幹線を途中下車したら、会えないかしら。

立石さんにアドレス教えてもらいますね。



[104] (無題)

投稿者: マリン 投稿日:2018年 2月12日(月)15時57分1秒   通報   返信・引用

ついんさん、
悲しみは少しずつやわらいでいきますよ。
私も「この悲しみや怒りはいつもで続くのだろうか」とずっと思っていました。

さわぴんさん、
はじめまして。今はとてもしんどい時期だとおもいます。
私はその頃、朝、起きることも、とても難しかったです。
それでも、なんとか、一日一日を終えることだけを目標にしていました。



[103] (無題)

投稿者: さわぴん 投稿日:2018年 2月12日(月)04時19分40秒   通報   返信・引用

こづるさん
まっきぃさん
みーちゃんさん
投稿ありがとうございます。

私はもうすぐ四十九日なので、その時に遺骨をお寺に預けることになっています。
お墓が今はないので、お墓を建てるまで家で一緒に過ごしたいのが私の本心です。
しかし、お坊さんの方針?義母の考え?もそれまでお寺に預けた方がいいとの事でした。
お坊さんの言うお別れは、いつまでも悲しんでいたら子供がこの世に未練が残ってしまうから、見送ってあげなさいという感じです。

遺骨をお家に置いている方も
お墓に納骨した方も
お子様を亡くした悲しみ、お子様への愛は同じですね。
お別れはずっとしたくないですよね。

娘が亡くなって1ヶ月。
周りに子供を亡くした人は居ません。
悲しくて苦しくて思わず投稿してしまいました。
自分の気持ちを分かってくれる人と話したかったのかもしれません。
まるで悲劇のヒロインみたいですみません。
文章能力も低くてすみません。
皆様の書き込み嬉しかったです。ありがとうございました。



[102] さわぴんさんへ

投稿者: みーちゃん 投稿日:2018年 2月 9日(金)20時53分25秒   通報   返信・引用

さわぴんさん はじめまして
みーちゃんと申します。
子供を亡くして4年4か月過ぎました。

お坊さんの『ちゃんとお別れを…』の言葉に、いろいろ思うところがありました。

私は、もうお墓に納骨を済ませています。

でもそれは、お別れするためにじゃなくて
そこに行けば子供が安らかに眠っているという、確かな場所が欲しかったからでした。

納骨の際に、自分で遺骨のかけらを持ち帰り
竹製の小さな納骨ペンダントに納めました。

そのペンダントと、へその緒を桐の箱に納めて遺影の前に置いています。

お別れしたつもりはないのです。
むしろ、永遠に別れたくないです。

私も、予期していない突然の別れでした。
ある日突然、子供と一緒に歩いていた道が二つに分かれて、
別々の道を歩き始めたような気がしています。
いずれ道が一つとなって、また出会えるような気がしています



[101] Re: はじめまして。

投稿者: まっきい 投稿日:2018年 2月 9日(金)20時01分23秒   通報   返信・引用

さわぴんさん、はじめまして。
私もこづるさんと同じく、遺骨は家に、一緒にいます。

ちゃんとお別れ…
お別れしないといけない…
私にとっても、非常に難しいです。



[100] さわぴんさんへ

投稿者: こづる 投稿日:2018年 2月 9日(金)14時48分35秒   通報   返信・引用

追記

私は息子を亡くして5年になりますが、
まだ息子を手放すことができずにいます。
息子の遺骨と一緒に毎日を過ごしています。

お坊さんの「ちゃんとお別れしてあげなければ
いといけません」という言葉。

胸が痛いです。

まだまだお別れできそうにないので、
お別れのタイミングは自分で
決めようかな、と私は思っています。



[99] さわぴんさんへ

投稿者: こづる 投稿日:2018年 2月 9日(金)14時34分18秒   通報   返信・引用

さわぴんさん

はじめまして。
こづると申します。

私も1歳7ヶ月の息子を亡くしました。

1歳5ヶ月の娘さん。

歩けるようになり、
歯が生え揃いだし、
言葉を覚え、
かわいい盛りだったのでは、と想像します。

先月の出来事とのこと。
さわぴんさんは、今
出口の見えない暗闇に
おられるのではないでしょうか。

言葉では表せない悲しみだと思います。

抱えきれない悲しみを
文字に書き起こす作業は
悲しみを抱えやすくすると言われています。

ここは、子どもを喪った人達が語らう場です。
安心して、悲しみを表出できる場だと思います。

さわぴんさんの、書き込みを
お待ちしています。一緒に悲しみを
分かち合いましょう。


レンタル掲示板
117件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.