teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


明日はコミティア

 投稿者:silver  投稿日:2020年 2月 8日(土)22時27分1秒 116-65-147-24.rev.home.ne.jp
  今月は諸事情でどうにも先週から土日周りが忙しくて案外暇が取れないんですが、それでも行かないという選択肢はないですしねえ。
祝日なども出勤日が入ったり、夜勤明けも重なったりしますから。
しかも今月の歌姫庭園は二日開催という狂気の日程だからなあ……しかも次回もその予定だとも言うし(笑)。


雑音領さん>

>統括
外伝含め、ありがとうございますね。
その辺のまとめも兼ねてやってたのも確かですね。
次のシリーズを前に、最終的な整理をしたというのも思い付いたところでしたし。

>ヴィジョン
裏表紙のウルトロンの隣にいるのは、ランナウェイズのメンバーのヴィクター・マンチャですね。
https://w.atwiki.jp/studentx/pages/559.html
詳しくはここで、翻訳だとエイジ・オブ・ウルトロン:コンパニオンにメインの話がありますね。
 
 

悪貨は良貨を駆逐し、最も良い物と最も悪い物が目立つと言うけども

 投稿者:雑音領(ざつね・りょう)  投稿日:2020年 2月 8日(土)00時37分6秒 OFSfa-06p3-13.ppp11.odn.ad.jp
編集済
  どうも、雑音領です。

・"ヒミツノミライ"外伝前・後編感想
「夢を食らう者」に地球を浸食してもらえれば、エアル侵攻も楽になる、と考えたがそこまでうまく事は運ばないか。>アスモデートとイコ・スー。加えてベール=ゼファーがユイの依頼を受けてアスモデートの敵方として介入することになった。
これがアスモデートの「予期せぬつまずき」になるかどうか?

・"ヒミツノミライ"総括
このシリーズ、"プロキシーウォーズ"の延長線、と言うか、silver様と桃龍斎様の未解決事案の解決編の色合いが濃い作品だったなぁ。
SWW世界は、
そのキャラが積んでいる作品数と戦闘能力は正比例するし、
どれだけ強かろうが、
どれだけ霊力あろうが、
どれだけ魔力あろうが、
はたまたどれだけ遺伝子をいじろうが、
「源氏」と「八幡様」と「酒呑童子」の三段載せの域には達し得ないし達してはならない、
が大前提だけども、
たとえ「源氏」と「八幡様」と「酒呑童子」の三段載せであっても、一人では「互角以上の相手に手数と"連携"で押し切る(カーン戦の決まり手)」のは不可能と言うのが印象に残りました。
で、
「甘やかす」「甘える」に近い「力ある者へのただ乗り」「力ある者の『ただ乗せ』」では真の連携を得るのは不可能だし、それが横行する世界に対して厳しい態度をとる、ってのも当たり前の話、と言うことなのかなぁ。
(作品評と戦力評が正比例するSWWにおいてギャルゲー系&ハーレム系、或いはその延長線上にある"なろう系"の地位の一概に低いのもそれ故か?)
後、これは"ヒミツノミライ"の話ではないのですが、
種の「三艦連合」みたいに「払う物払っている(さすがに親との死別は払う物払っているにカウントしても良いかと)のと『お題目』があるから、何やってもよい」と言うわけではないのは言うまでもなく。

・4000マン様
自分もなろうの末席汚している身だし、「『なろう系』だけがなろうじゃない」と返されればそれまでか。
過剰反応だったのかなぁ。
それと、ソウゴに安全策をとらせるほどにはジーンは油断ならない相手だった、と言うのを見落としたのはうかつでした。

・アメコミのこと。
最近になって"アルティメッツ"、"アルティメッツ2"を読んだのですが、
「ハンクが屑である以上にジャネットがビッチだ!」
「ワンダとピエトロの間が爛れていることぐらい、ほかの面々に比べたらたいした問題、と言うか差違じゃない!!」
が二巻通しての第一印象だったなぁ。
後、
「コミックの建前壊れて、『血で血を洗う』世界」をマーベルでやったらどうなるか、だったのかなぁ。
(二巻のロキがそそのかして動かした軍団の出自を考えると、その色が濃く出ている)

それと、新刊で"ヴィジョン"第一巻(全二巻、ヴィレッジブックス)が出たので早速買って読んでみたけれど、
(裏表紙の人物相関表、ヴィジョンとサイモン、ヴァージニアとワンダが灰色線でつながっていると言うことから考えて)"アベンジャーズ:ディスアッセンブルド"以降のスカーレットウィッチってすっかりトラブルメーカーの役回りが板についたよなぁ。
(そりゃ"アベンジャーズ:ディスアッセンブルドと"ハウス・オブ・M"で大それたことやらかしたからねぇ)
後、"オールニュー・オールディファレント"の系統の日本語訳には"インビシブル・アイアンマン:リブート(小学館集英社プロダクション)"があったのを初めて知りました。
で、
元々アーマーの開発維持費がかさむこともある上に、"アベンジャーズ:ディスアッセンブルド"や"シビルウォー"で社会的な信用を毀損したり"スターク・センチネル"が不良在庫と化したり、"シークレット・ウォーズ"の戦後処理に費用がかかりすぎたりして、とうとうトニーの財布がスッカラカンになっちゃったのね。
("ヴィジョン"の解説紙より。アヴェンジャーズの給料や手当が出なくなったことについて)

今回はこんなところでしょうか。では。

追伸

"ヴィジョン"第一巻裏表紙の人物相関表について。
ウルトロンの右上はハンク・ピムなのは分かるけど、ウルトロンの左下は誰なんだ!?

http://zatuneryouiki.akazunoma.com/

 

(無題)

 投稿者:4000マン  投稿日:2020年 2月 4日(火)21時22分50秒 60-56-160-8f1.shg1.eonet.ne.jp
  雑音領さん>

ネタ扱いしたら憎悪って…。
正直むかしのなろうは好きでした、誰もかれもが出版化とか目指してるわけではなく、
純粋に物語を楽しむサイトだったし。

ハーレムがどうのこうの、じゃなくて楽して出版するツールになってる現状が気に食わないだけです。
 

付け焼き刃はすぐこぼれて、「生兵法は大怪我のもと」だが、それでも言わずにゃいられない

 投稿者:雑音領(ざつね・りょう)  投稿日:2020年 2月 3日(月)00時36分29秒 OFSfa-06p3-13.ppp11.odn.ad.jp
  「サスガツバサダー」
「"オレンジの翼"プロジェクトダー」
「漢字名字二文字、漢字名前一文字、新潟出自ノヨシミダー」
(いくら大変革か大混乱かの大博打に打って出たとはいえ、シーズン前に持ち出す挨拶か!?)

どうも、雑音領です。

・"ヒミツノミライ"#18感想
やはり、「数の暴力」にはかなわなかったか……>カーン、手数で押し負けた。
いや、本当は「大団円」と書くべきなんでしょうが。
(実を言うとユイ陣営が「思わぬ新戦力」を獲得したので完全な「大団円」ではないんでしょうけど)
後は後書きで(原作、と言うかアメコミでそうだとは言え)カーン敗死への言い訳めいた部分が引っかかったかなぁ。
それともう一つ。
アメコミでもカーンの敗因が「魔術への対抗策の持ち合わせがなかったこと(スカーレットウィッチが名前だけ出ていた)」が主であって、"フューチャー・アベンジャーズ"での「トニー・スタークに未来の言語体系を翻訳されてそこからシステムハックを食らって逆転負け」が珍しい決まり手なんだなぁ。

・4000マン様、"opening"感想
ソウゴがいる=スウォルツがいた、と言う前提で話しますが、
(SWWにおける平成ライダー界隈、「原作での誰がいて誰がいない(ライダーがいても原作で変身する人物がいない)」問題があり得る世界だからなぁ)
スウォルツが
「こんなしっちゃかめっちゃかな世界(SWW)が生き残って私の世界が消滅するなんて理不尽な話呑めるか!」
と言うのを「お題目」として野望を燃やしたくなるのも分かる話だよね……。
後は、
"ヒミツノミライ"総括でも触れるつもりだけど(その前に、外伝を読み切るのがいつになるかと言う話でもありますが)、SWWはギャルゲー系&ハーレム系、或いはその延長線上にある"なろう系"への憎悪(=地位の低さ)が著しい世界でもある、と言うことを改めて感じました。

今回はこんなところでしょうか。では。

追伸
アドバンスト・ファイティング・ファンタジー第2版(AFF2e)はここでは取り扱いがないのですが、それでも言わずにいられないことが一つ。
"超・モンスター事典"と"トロール牙峠戦争"の日本語版(ともにグループSNE訳)、一体いつになったら刊行されるんだ!?
(いくらデジタルゲームとは言え、"ウォーロックマガジン"Vol6で"死の罠の地下迷路トリロジー(Nintendo Switchダウンロードタイトル、ttps://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000025187)"への言及がないことがよっぽど問題ですよ)

http://zatuneryouiki.akazunoma.com/

 

久々に更新

 投稿者:silver  投稿日:2020年 2月 1日(土)17時21分18秒 116-65-147-24.rev.home.ne.jp
編集済
  4000マンさんから新規投稿を頂いたので、更新致しました。
今回は2話連続更新になりますよ。

雑音領さん>

>感想
こちらこそ今年も宜しくお願いしますね。
去年も色々ありがたい限りでしたし、その上でも感謝を。
という訳でこっちもそろそろ終わりが近付いてきましたが、最後までお付き合い頂けると幸いです。

>和訳
アルティメッツ関係は何かの拍子でまたやるかも知れませんが、多少飛び飛びですしね。
アンキャニィ・アヴェンジャーズは直面した問題を結果的に解決してただけで、チームとしてはそもそも無理があったようなものですからね。
何せキャップは絶対に片方に肩入れすることができない体質なので、共存や公平性を語っても自身で介入することは悪とするレベルですし、事後処理みたいなことしかできない訳ですしね。
それはさておき、新作映画のニューミュータンツがこっちでいつ放映してくれるかが当面の問題かなと(笑)。
KENさんなどはこの期にデモンベアー・サーガの和訳も期待しているようですし(笑)。
 

寒中お見舞い申し上げます。

 投稿者:雑音領(ざつね・りょう)  投稿日:2020年 1月16日(木)21時57分44秒 OFSfa-06p3-13.ppp11.odn.ad.jp
  今年もよろしくお願いします。
旧年中はお世話になりました。
……寄り道したあげくに停滞したのは(いつものこととはいえ)痛恨事でしたが。

・"ヒミツノミライ"#17感想
自身が戦局に介入するタイミングを逸したのがすべてだったか。>カーン、加えて円盤を打ち落とされて撤退もできなくなった。
カーンが「窮鼠、猫をかむ」とばかりに大逆転なるか。それとも「ネズミにかみ殺された猫はいない(Byラオウ)」結末になるか。
(「体が一つしかなく、それ故七つ道具は一つずつしか使用できない」がカーンの弱点。その前提をひっくり返せるかどうか)

・アメコミのこと。
「チャップのばーちゃんは言った!
さよならだけが人生だ。
和訳がないのがアメコミだ」
いや"アベンジャーズ:チルドレンズクルセイド"の和訳がなかったり(おかげで、"ハウス・オブ・M"から始まる作品群の内、「"スカーレット・ウィッチ"の帰還」という致命的な抜けがある)"マーベルゾンビーズ"が3以降和訳されてなかったり、"アルティメッツ3"と"アルティメイタム"が和訳されてなかったり、なぁ。

後は、“アクシス"においての
「おまえなんか親でもなければ子でもない!○か×か!?」「答えは○だーっ!」
なマグニートーとスカーレットウィッチ&クイックシルバーとの間とか、
「実は深層心理の奥底ではクイックシルバーを殺る気マンマンだった(違)」スカーレットウィッチとか、
(事の発端はDr.ドゥームかもしれないが、"ハウス・オブ・M"を引き起こしたのはクイックシルバーの煽りがあったからなぁ)
最後まで善悪逆転をすっとぼけた(「"スターク・センチネル"が商品として立ちゆかなくなったので新商品を(侍らせたねーちゃん達と一緒に)開発します」と引きこもられてしまうと周囲が把握できない)トニーとか、
皮肉にも善悪が逆転してハボックの"建前"がなくなったためにサイクロップスと和解できたこと、とか、
レッド・オンスロート事件がなくても遠からず空中分解を起こす宿命にあった(「船頭多くして船山に上る」状態でスティーブがアレックスをリーダーに推しておきながらその采配に心服したことがなかった)“アベンジャーズ・ユニティ・スクワッド"のこととか
かなぁ。

で、マグニートーとスカーレットウィッチ&クイックシルバーの間と言えば、
マグニートーとスカーレットウィッチ&クイックシルバーの間……書くまでもなく。
クイックシルバーとルナの間……テリジェン・ミストを巡る顛末で物理的(クイックシルバーがインヒューマンズ族籍抹消処分を食らった)にも心理的にも断絶。
でもって、
スカーレットウィッチとウィッカンの間が、
"ヤング・アベンジャーズ:スタイル>サブスタンス"……「ローグが過剰防衛(オーバーキル)でグリムリーパーを撲殺事件」のほとぼりが冷めたばかりなのに新たな面倒はごめんとばかり(違、本当はウィッカンが召喚した生物に彼女ごとアベンジャーズが支配された)ウィッカンが召喚した生物に彼を引き渡す。
"アクシス"……ウィルソンによるアベンジャーズ招集メンバー一斉逮捕(と言うか予防拘束)にウィッカン(とハルクリング)がいたことを黙認。
と、「マグニートーの系統、『親子』関係に失敗してなんぼ」という難儀な系統なんだなぁ。

今回はこんなところでしょうか。では。

http://zatuneryouiki.akazunoma.com/

 

コミケも終わり

 投稿者:silver  投稿日:2019年12月31日(火)16時33分27秒 116-65-147-24.rev.home.ne.jp
  やっと一息。
今回の冬コミは1日目が行けないのでKENさんに代わりに行ってもらい、逆にKENさんが行けない今日の4日目を私が回る形でした。
それは兎も角、年末は流石に休みが少ないこともあってライダー映画も見に行けませんでしたので、明日の元旦にでもファーストデイで安いのもありますし、午後にでも見に行って来ます。
という訳で皆さん、来年も宜しくです。


雑音領さん>

>感想
2話跨ぐ形になりましたが、今回も感謝ですよ。
デスマスクの汚らしい技は置いておいて(笑)、本編も残すは2話。
最後までどうぞ宜しく。

>アメコミ
アクシスでまた、マグニートー絡みのネタが雑音さんの中に増えたことでしょう(笑)。
さり気なく彼があの場に居合わせた全キャラで最も裏表がない存在、とされていたことが特徴的ですが、まさに仰る通り彼の行動理念に一切関与してないんですよね。
むしろ逆に実は戻ってないことを周囲に悟らせないトニーがおかしい、と思うんですけど(笑)。
ちなみにトニーは暫く悪人のままで「アントマン・セカンドチャンスマン」作中ではこの状態で、また人類を救った英雄・あなたの親愛なる隣人カーネイジのその後は「エンド・オブ・ヴェノムバース」で描かれております。
 

年の瀬に疾風怒濤

 投稿者:雑音領(ざつね・りょう)  投稿日:2019年12月28日(土)22時04分50秒 OFSfa-06p3-13.ppp11.odn.ad.jp
  冬のボーナスで“アベンジャーズvsX-MEN”シリーズと“アンキャニィ・アベンジャーズ:レッド・シャドウ”と“アベンジャーズ&X-MEN:アクシス”を購入して一気に読み終えました(感想については後述)。

・"ヒミツノミライ"#16感想
レッドバルタン対櫻のやりとりを見て、
「今回ゆで勢やアメコミ勢が純に加勢しなかったのもうなずける話だわ」
と言うのが印象的でした。
(彼らがいたらレッドバルタンがメタに突っ込まなくても読者に対して説得力を欠くため。と言うか何で“セカンド・カミング”で死亡したナイトクロウラーが“アクシス”で何の前触れもなく復活したんだ?いや「積年の恨み忘れたか」とミスティークを糾弾する役が必要だったという事情は分かるけど)
後、時の流れを操る魔神とは言え、戦の流れを覆すのは荷が重すぎたなぁ>アルマ。
このまま戦の流れに乗って一件落着となるか?

・アメコミ感想
(実は“X-MEN:レボリューション”と“デス・オブ・ウルヴァリン”を読み落としていました)
“アベンジャーズ&X-MEN:アクシス”を読み終えて一言。
「これで“アベンジャーズ:ディスアッセンブルド”をプロローグにした“ハウス・オブ・M”に始まる長き因縁が終わったんだなぁ」
(それと“エイジ・オブ・アポクリプス”と“デイズ・オブ・フューチャー&パスト”が平行世界の彼方に消え去ったこと、かなぁ)
後は、
デッドプール(映画“デッドプール2”の彼に近い)とマグニートーと言った行動理念が善悪の彼方にある面々の行動とか、
エピローグで見せたヴィランの「悪党の矜恃」とか、かなぁ。
あ、そうそう。
クイックシルバーが悪のDr.ストレンジに「元はと言えば貴様がワンダを煽ったのが発端でことがここまでこじれたんだろうが!」と殴り込みをかけられなかった悪運の強さ、かなぁ(こらこら)。

今回はこんなところでしょうか。では、よいお年を。

http://zatuneryouiki.akazunoma.com/

 

怒濤の季節に色々と

 投稿者:雑音領(ざつね・りょう)  投稿日:2019年12月 1日(日)23時55分5秒 OFSfa-06p3-13.ppp11.odn.ad.jp
  どうも、雑音領です。

・"ヒミツノミライ"#15感想
「鹿も四つ足、馬も四つ足(By源義経)」
「"聖闘士星矢"も少年ジャンプ、"ドラゴンボール"も少年ジャンプ(バクテリアンじゃないんだから>デスマスクの隠し技)」
で、
完全に流れを逆転されたカーン勢。
次以降でアルマと純の激突だが、アルマもまた流れに呑まれるか?それとも戦神(=八幡様)相手に大番狂わせを決めるか?
(アルマが勝つ=カーンが勝つ=バッドエンドに一直線と言うのをさておいてはマズいでしょ)

・Blogどころかサイトでも書けない"東京コミコン2019"の事
ヴィレッジブックスが直営店出店をやっていたので通信販売専門だった"X-フォース/ケーブル:メサイア・ウォー"が現金直販で手に入ったことと、
マーベルのロゴプレートが付いたビッグサイズのショッピングバッグが入手できたことと、
そして何より、

「全身タイツ(と競泳水着とスクール水着)は日本フェティシズムの王道だよなぁ」

と言うことを改めて感じ取ったことが大きかったなぁ。
(そういう不埒な考えを抱くから運気に逃げられるんですよ。ちなみにそう思った理由はスパイダーグウェンとシーヴェノムかカーネイジクイーン(*1)かのコスプレを見た際に「キた」ことから)

後はどこがどう「エクセルシオール(スタン・リー自身がしゃべる次回予告の〆の台詞)」だったのか今以て分からない"THE REFLECTION(NHK総合) "のライセンスマグカップを購入したことかなぁ。

で、小学館集英社プロダクションのブースで、
"マーベル・エンサイクロペディア"の新装版の広告ポスターがあったけど、
"マーベル・ファクト・ファイル"をバインドせずに読み捨てにし続けているのを後悔していたり。
(週刊誌版"競馬ブック"じゃなかったんだから)

あ、そうそう。
40分から60分待ちだったから"東京コミコン2019・オフィシャルポップアップストア"にはよらずじまいだったなぁ。

今回はこんなところでしょうか。では。

追伸
以前に酒呑童子越後出生説に搦めて、
「サスガツバサダー」
「"オレンジノツバサプロジェクト"ダー」
「"ご当地の名物で名字二文字、名前一文字のよしみ"だー」
と言う境地には至らなければいろんな意味でやってはいけないってのは分かっているつもりだけども、至りづらい物があるんだよなぁ……。
(二年続けてキャプテンがシーズンを全うできず、監督に至っては四年続けてシーズンを全うできないのではねぇ)

追伸その2
"東方魔法少女プリマテッセ・パールちゃん"の第二話なのですが、寄り道あって相当遅くなりそうです。

*1 カラーリングがベース黒、ストリングスカラーが白、アクセントカラーが紫、フォルムがスパイダーグウェンの女スパイダーマンってこれで合ってましたっけ?

http://zatuneryouiki.akazunoma.com/

 

ようやく一段落

 投稿者:silver  投稿日:2019年11月25日(月)07時41分2秒 116-65-147-24.rev.home.ne.jp
  11月もあれやこれやと色々ありましたし、即売会もマリネリアに行ったり馬喰町のライラとナターリアのやつも行ったりして、大物たるコミティアも終わり、これで今年の残す大きなイベントはコミケのみですね。
12月は忙しいですから、他にあまり何かする余裕がないというのもありますが、何とかやっていかねばいけませんしね。

そういやマーベル・エンサイクロペディアの新装版が来年の6月くらいに出るようですが、今度は普通に買いたいと思いましたので、私はヨドバシの通販で予約しておくことにしました。
アマゾンだと入荷待ちなので連絡が遅れてミスる可能性が高いですし、通販処理してるからヨドバシの方がセブンよりポイントいいってのもあるんですが。
 

レンタル掲示板
/234