teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:13/2322 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

チャップのばーちゃんは言った!

 投稿者:雑音領(ざつね・りょう)  投稿日:2019年 6月28日(金)22時59分37秒 OFSfa-06p3-13.ppp11.odn.ad.jp
  通報 編集済
  武士道は死ぬことと見つけたり!
2010年代半ばはパックマンの時代と見つけたり!
(いや実際"X-MEN:アポカリプス(*1)"も"ピクセル"も"ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーリミックス"も"仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー"も2010年代半ばの出来事だったしなぁ)

どうも、雑音領です。

>silver様

・"ヒミツノミライ"#12感想
まずは、楽屋の問題が収拾して(喧嘩別れという最悪の形にならずに)何より。
弱者には弱者のコンビネーションが、強者には強者のコンビネーションがあると言うこと。
それがアルマの予期せぬ誤算を呼んだ者の、それもまたアルマの修正可能な範疇か。
そして大一番、時間怪人コンビの経験を食らったアルマが総合力で純を上回ることができるか?

・雑談、アメコミ界隈のこと
"Xメンvsアヴェンジャーズ・クラシックス"買って読んでみました。
「あちらを立てればこちらが立たず(東南アジアのミュータントの暴発を防ぐために裁判を操作して無罪を勝ち取ったら非ミュータントの怒りを買った)」のは同情できるし、X-MENとしっくりいっていないのは致し方ないけど、
隠し事をしたのと、過去の悪行が降りかかったのはかばいきれないなぁ>マグニートー。
でもって、あの時代のアベンジャーズもバランスブレイカー(ドクタードルイド)がいたのですね。

・"ヤング・アベンジャーズ:スタイル>サブスタンス"の事
最近衝動買いした作品で印象に残っているのがこれかなぁ。
でもって、
ウィッカンとスカーレットウィッチって悪い意味で「親子」だよねぇ、としか言いようが……。
後は、解説紙の
>その手のファン界隈では、キッドロキ×ソーセージというカップリングが流行した。
と言う件があって、
「解説さんは(日本式の)『×』と(海外式の)『/』の使い方がいまいち分かってない(*2)なぁ」と言うのと、
「『親会社(*3)が怖くて腐っていられるか!』には日本もアメリカもないのだなぁ」
と言う感想でした。

・コードのこと。
>青銅聖闘士ブロンズセイントが全員男であることについて「何らかのメッセージ・主張」を汲まれる可能性があるため、“脚本家の一存”によりアンドロメダ瞬が女性に変更されている。この変更には、東映アニメーションからも戸惑いの声があったことが明かされている。
(2019年夏開始の新作アニメ一覧/ライブドアニュース、ttps://news.livedoor.com/article/detail/16589773/より)
アメリカでは「カラーコード」があるのは分かっているつもりですが、「セクシャルコード」があるとは意外だったなぁ。

今回はこんな所でしょうか?では。

追伸
"ヒミツノミライ"での純と和樹のタッグチーム名、鬼札(=ワイルドカード=ジョーカー)と仮面ライダーブレイド(スペードのエース)で「ブラックジャック(同ゲーム最強の役でスペードのエースとスペードのジャックの組み合わせ、さもなくば2枚で21になる組み合わせ。ジョーカーを0点或いは10点札だと思い込んでいた。この場合は10点札)」と言うのもありかと思ったのだけど、
ブラックジャックって普通ジョーカーは使わなかったのね……。

*1 作中でピーターがゲームセンターから"ミスパックマン"を盗んで自室に持ち込んでいた。
*2 西洋式の『/』は左辺右辺で攻め受けを問わない(と記憶している)けど、日本式の『×』だと「キッドロキがソーセージを攻める(左辺が攻め、右辺が受け)」カップリング表記になるんだよなぁ。
*3 確か"マーベルスタジオ(マーベルの映像部門)"だけじゃなく、"マーベルコミックス"も込みでディズニーの傘下でしたっけ?

http://zatuneryouiki.akazunoma.com/

 
 
》記事一覧表示

新着順:13/2322 《前のページ | 次のページ》
/2322