「小さないのち」のなかま

【掲示板のおねがい】 この掲示板は、こども遺族の会「小さないのち」が主催しています。 投稿は、基本的にお子さまを亡くされた方と考えています。 ここで思わぬ傷つきが発生しないように、書かれた内容に対する「否定的な言葉」「価値観の押しつけ」がないようにお願いいたします。会代表 坂下裕子



カテゴリ:[ 健康/医療/介護 ]


125件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[126] Re: お盆

投稿者: さかした 投稿日:2018年 8月 7日(火)22時54分16秒   通報   返信・引用 > No.125[元記事へ]

ともとも さん

ともともさんのお宅では
奥様がとも君と手をつないで
帰ってきてくれるのかな。

雲の上では
母と子、いつも一緒なんでしょうね。
それは間違いなく。

こっちと、あっちの繋がり方については
少々むずかしいのだけれど。

親子3人、水入らずで
いいお盆が過ごせますように。




[125] Re: お盆

投稿者: ともとも 投稿日:2018年 8月 7日(火)20時13分22秒   通報   返信・引用

お盆は盆棚を飾ったり、妻や子供の好きな食べ物を用意したりして、あっという間に過ぎてしまいますね。
普段もそばにいると思ってても、お盆はやはり特別そばにいるような気持ちになってるので、送り火を焚くと、行ってしまったのかなと淋しく感じます。



[124] お盆

投稿者: さかした 投稿日:2018年 8月 4日(土)14時23分55秒   通報   返信・引用

8月はちょっと淋しい感じ、ないですか?
今年が初盆の方もおられますね。

あ、でも、帰って来てくれる、という意味においては
楽しみにしている、という方もおられるかも。

んー、でも、子どもを亡くしたお家では
帰って来る、戻って行く、と思うよりも
いつも一緒にいる
いつも一緒と思いたい、という方のほうが多いかも。

だからといって、お盆が無関係
というわけでもないだろうし。
淋しくても、大事に過ごされる方は、多いだろうと思います。



[123] Re: はじめまして

投稿者: さかした 投稿日:2018年 6月22日(金)23時53分26秒   通報   返信・引用 > No.120[元記事へ]

KKさん

はじめまして。
代表の坂下です。

KKさんが事務局に問い合わせをくださったとき
すぐに私の頭に、いつか会っていただけたら
と思うお父さんが浮かび
きょう、お母さんに会いに行ってきました。

小児がんで、13才の女の子を昨年亡くされたご両親です。

お父さんがお仕事から戻られ、すぐ
お返事をくださいました。

あとでメールさせていただきますね。



[122] Re: はじめまして

投稿者: こづる 投稿日:2018年 6月22日(金)21時35分47秒   通報   返信・引用

kkさん、はじめまして。こづると申します。
娘さん、3年9ヶ月もの闘病を耐え抜かれたのですね。私の息子も6ヶ月間でしたが、抗がん剤の副作用と闘いながら闘病をしました。

私は自殺する勇気を持てませんでした。でも「死にたい」と思っていました。

正確には、「死にたい」というか、「息子の側に行きたい」ですかね。

今でも、そう思う時があります。
行きつ戻りつしながら、『いま』を過ごしています。

またここでお話ししましょう。




[121] 地震のことで

投稿者: まっきい 投稿日:2018年 6月22日(金)21時06分35秒   通報   返信・引用

こづるさんのコメントを読んでハッとしました。
坂下さんのブログにある通り、私は日頃から
「いつ死んでもいいと思っている」
と言っていますが…

今回の地震、私は震源地の近くに住んでいます。
仕事に行こうとした瞬間でした。
恐怖でテーブルの下に慌てて逃げていました。
おさまってから、直ぐに亡くなった子の遺骨と写真を抱きしめました。

私はやっぱり生きたいのか…
息子達の遺骨より、自分が大事なのか…
また新たに考えることが出来たな。

KKさん、はじめまして。
ここは、普段言えないことを吐き出せる場になっています。
これから、どうぞよろしくお願いします。



[120] はじめまして

投稿者: KK 投稿日:2018年 6月22日(金)20時49分15秒   通報   返信・引用

初めまして。私は関西在住の男性です。5/26に骨肉腫で13歳の娘を亡くしました。闘病生活が3年9か月あったのですがやはりかなりショックでした。生まれて初めて自殺が頭の中を駆け巡りましたがその心配はもうありません。これからは皆さんとともに一緒に立ち直っていければと思っておりますのでよろしくお願いいたします。



[119] いろいろ考えた

投稿者: こづる 投稿日:2018年 6月22日(金)20時36分21秒   通報   返信・引用

関西にお住まいのみなさん、地震は大丈夫だったでしょうか。坂下さんも日記に書かれていましたが、私も今回の地震で考えることがいろいろとありました。


友人達は、皆、「地震をきっかけに、日常のありがたさに気が付いた」と口々に言っていました。

そんな友人達の会話をよそに、私は「私の日常は大ちゃんが死んだ日から戻って来てないな」とか…。

地震の揺れの中で、一瞬、「このまま全部、お終いでも構わないけどな」とか…。



[118] (無題)

投稿者: さかした 投稿日:2018年 5月 6日(日)20時28分24秒   通報   返信・引用

ツインさん
ほんと、そうですね。
お母さんが、子どもを投げ落とした事件
知ったとき、同じことを私も思いました。

子どもを亡くした親は、
いてくれるだけで、と思っているので
ものすごく胸が痛みますね。

育児のしんどさ
何とか助けが得られないものかと。





[117] (無題)

投稿者: ついん 投稿日:2018年 5月 1日(火)13時28分5秒   通報   返信・引用

悲しい悲しいニュースを目にして。

こどもが元気に笑顔でいること。
それだけでも奇跡でかけがえのないことです。
悩みを抱えているお父さん、お母さんたちみんなに知ってほしいなと思う。
いろんな事情があるんだろうけど。
命を奪っていい理由には絶対にならない。

どうか天国で笑えていますように。


レンタル掲示板
125件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.